海外企業との取引に安心を

与信・督促業務から開放される新しい海外決済プラットフォーム

RemitAidの特徴

クレジットカード決済・銀行海外送金に対応
RemitAidが未回収リスク全て請け負います

督促業務から開放

督促業務をRemitAidにアウトソースすることで、担当者様は心理的な負担の大きい
非生産的な業務から開放されます。

債権を保証

与信判断を弊社またはクレジットカード会社が実施。貴社債権を保証します。

顧客満足度の向上

バイヤー様のキャッシュアウトを
遅らせることができるため
競合との差別化を行うことができます。

RemitAidで変わる海外取引

Before

今月もまた入金が遅延…
取引先からの入金がなければ営業成績ともならないし、
督促を行う分、業務も逼迫。

After

支払期限に必ずRemitAidから入金が!
必ず営業成績としてカウントされるし、
督促の時間を重要な業務に充てることが可能に!!

RemitAidの使い方

請求情報を連携するだけで簡単に与信・督促業務を丸投げ可能!

1. 請求情報のご連携

サプライヤー様より請求情報をご連携いただきます。
ご連携いただいた内容をもとにRemitAidがインボイスを作成いたします。

2. 決済手段の選択とインボイスダウンロード

バイヤー様は銀行送金かクレジットカードのいずれかの決済手段を選択します。
決済手段を選択するとRemitAidが作成したインボイスがダウンロード可能となります。

3. 決済の実行

クレジットカード決済はRemitAidのダッシュボードから支払い可能です。
銀行送金の場合はRemitAidの口座に送金いただくことになります。

ご活用シーン

海外企業からの債権回収が発生する様々な業界でご利用いただいております

原料・素材・半導体メーカー

海外取引先からの突発的な発注や新規取引先からの債権回収で活用

旅行・インバウンド

海外旅行会社からの債権回収で活用

広告

海外企業が日本でプロモーションを行う際の債権回収で活用

ご利用料金

業界安値の水準でご利用いただけます

クレジットカード決済 銀行送金かけ払い
初期費用・固定費用
0円
0円
サービス利用手数料
決済金額の2.70%
決済金額の3.00%
為替手数料
決済金額の2.00%~※1
決済金額の1.50%※2

※1
・入金口座と同じ通貨の場合にはバイヤー様負担、入金口座と異なる通貨の場合にはサプライヤー様負担となります
・バイヤー様負担の場合の為替手数料はバイヤー様が利用するカード会社に依存します

※2
・日本円以外の場合にのみ発生します
・円決済以外の場合のレートについては当社のサービスプロバイダが提供するその日の市場中央値を適用します
・円決済の場合はバイヤー様負担となり、その場合の手数料はバイヤー様が利用する銀行に依存します

利用企業インタビュー

よくあるご質問

取引先様の国・規模等によって異なります。
また、クレジットカードでの決済の場合、クレジットカード会社による審査となりますため弊社では正確な与信額がわかりかねることご了承ください。

日本語・英語・中国語(簡体字)に対応しています。

クレジットカード決済の場合はバイヤー様の決済実行から最短4営業日、銀行送金かけ払いの場合は支払い期日にご入金いたします。

1~3営業日以内にはご利用可能です。

アメリカ・EU・東南アジアなど幅広く対応しています。
ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

RemitAidのパートナー

私たちは以下のパートナーとともにサービスを提供しています

ニュース

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

海外企業との取引に関するお悩みやRemitAidに
関する疑問点はこちらからご連絡ください。

詳しい資料をチェック

サービスの詳細やご契約の方法について
知りたい方はこちらからご連絡ください。

無料アカウントを発行

無料アカウントの発行申請を行っています。
お気軽にお申込みください。